片頭痛 原因 対策 前兆 症状

片頭痛というのはどのような病気なの?

スポンサーリンク

片頭痛というのは突然起こる頭痛です。
皆さんの中でも症状を抱えている方が多くいらっしゃるのではないかと思います。
また周りの方でも症状をもっている方がたくさんいらっしゃるかと思います。
片頭痛というのは、特に女性に多く見られる症状といわれています。
日本人の8%くらいの方に見られるという統計もあるようです。
そして、症状を持っている方は男性よりも女性に多く見られ男性に比べて4倍もの患者さんがいるといわれています。
これは女性ホルモンが原因ではないかといわれています。
頭痛のメカニズムが完全に解明されていないので明確な答えが出せないということのも現状としてあります。
症状としては、脈拍に合わせて、ズキズキという痛みが起こったり、頭の片側、両側に痛みが起こる場合や、後頭部に症状がみられる場合があり個人差があります。
人によっては、頭全体に痛みが起こることがあり、吐き気、嘔吐、めまいの症状が起こることがあります。
片頭痛には前兆があるといわれています。

スポンサーリンク

患者さんの30%の方が前兆と思われるものを感じたといわれています。
主なものとしては、症状が起こる大体30分もしくは数時間前から目の前に点滅のようにく光が現れ、視野の中心から端っこに見えて徐々に見えにくくなるというものです。
閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれており、特に特徴的な前兆です。
「原因」
原因といのは頭の血管が過剰に拡張することで起こるといわれています。
頭の血管というのは、ストレスや精神状態に作用されることで、セロトニンという神経伝達物質を過剰に分泌します。
大量分泌したセロトニンというのは、血管を収縮させ、そして、今度は膨張させます。
これによって、腫れ、炎症という症状を引き起こし片頭痛を起こすと考えられています。
片頭痛は、検査でわかる病気ではありません。症状をできるだけ正確に医師に伝えることが特に重要です。
「症状」
症状としては、頭痛の頻度が月に1、2回程度の発生、多い時には週に1,2回で起こるといわれています。
痛みに関しては数時間のことが多く、長い場合には3日もの間症状が引きづることがあります。痛みに関しては、脈拍に合わせてリズムをうつような痛みが起こることが多いです。
場所に関しては上記にも記載はありますが、片側、両側、後頭部、全体というように様々です。
他の症状として、めまい、吐き気、嘔吐のほか首の痛みや肩こりといった症状が起こることがあります。
頭痛のメカニズムが完全に解明されていないので特に片頭痛に関しての検査方法などはないのですが、まれに脳梗塞や脳卒中のような脳疾患が関わっていることがありますので、これらの病気の可能性がないか調べることがあります。

スポンサーリンク