偏頭痛 片頭痛 正しいのは

正しいのは、片頭痛、偏頭痛どちらの原因、対処法は

スポンサーリンク

片頭痛と偏頭痛は良く似ている病気で、対処法も良く似ています。
共に原因は頭の血管が拡張して、炎症を起こして頭痛が発生して仕事や日常生活に影響を及ぼします。
中には寝込んでしまうケースの多々あります。
発生の頻度は、月に1回から2回、週に2回から3回と言うパターンがありますが、個人差があり生活環境、食事、間食の種類によっても異なるケースになります。
正しいのは、片頭痛と偏頭痛の対処をしっかり把握して対応する事が大切な事になります。
対処法として、正しいのは血管が拡張して発生しますので、安静にすることが、必要になりますが、先ず1つ目の方法としては、冷たいタオルで頭の血管を冷やしてあげる事で片頭痛と偏頭痛は、良い方向になります。
2つ目は投薬です、薬を飲んで安静にする事が良いですが、気をつける事は刺激を与えない様に明るい所よりは暗い所で安静にすることが、ポイントになります。
3つ目で正しいのは、カフェインを含んだ飲料水を服用する方法でコーヒー、紅茶、ウーロン茶を飲む事で鎮静化出来ます。
しかし、注意点があります。

スポンサーリンク

カフェインには、頭の血管を収縮する作用があるので、拡張を抑えますので、効果が表れます。
但し、カフェインを服用しすぎると逆に頭痛を併発してしまいますので、注意が必要です。
4つ目は、暗い部屋でゆっくり安静に休む方法で、光や音、ニオイ、刺激が有る物に脳は反応してしまう為、血管を拡張させてしまいますので、刺激が極力少ない、暗室で休憩を取る事が必要になります。
5つ目は、頭にはちまきを付ける方法です。
これは、頭の血管を圧迫して血液の流れをせき止める事が可能なので、血流を抑え血管の拡張を抑制出来るから効果が有ります。
後、片頭痛と偏頭痛に対する予防として、正しいのは、過度の疲労とストレスを極力抑える事で、発生は減少する方向になります。
更に、規則正しい生活をする事が大切なポイントになります。
寝不足、寝過ぎ、空腹でも頭痛は発生しやすく、生活のリズムを整え、食事も栄養のバランスが取れたものを食べる様にする事で予防出来ます。
又、間食時に赤ワイン、チョコレート、チーズを食べる時は、過剰に食べるのは頭痛を併発する要因になりますので、注意して食べる様にする事です。

スポンサーリンク