片頭痛 症状 目の奥 痛み

片頭痛で目の奥に痛みをもつ症状は、きっかけなどもあります

スポンサーリンク

頭痛は、風邪の時などにも経験するため、つい軽んじてしまう事もありますが、重症化してしまうケースもあります。
 頭痛には、種類があって、片頭痛を患う人も多く見られます。
人によって、発生原因になるものが違ったり、症状が違う場合もあります。
痛みの程度の差などはありますが、目の奥に痛みを強く感じる人も見られます。
目の奥に症状を感じる片頭痛では、対処法として、目の辺りを冷やすなどで、多少症状が和らぐ場合もあります。
 片頭痛の痛みは、頭や目の奥など、その周辺の血管が拡張して発生するケースが多くあります。
血管の収縮や拡張に関わる働きをするのが、神経伝達物質であるセロトニンと呼ばれるものです。
この神経伝達物質が減少すると、血管が拡張し過ぎてしまう状態を引き起こします。
前兆として、チカチカした光などが見えたり、キザギザした線が見えるなどがあって、その後目の奥に痛みなどを覚えます。
 ですので、前兆として、視野の中に突然変わった光が出てきたら、少し休憩を入れて、目やからだを休める必要があります。
血管の拡張には、周辺を冷やすなどで収縮を促す事もできます。

スポンサーリンク

 片頭痛の症状として、目の奥に痛みを感じるケースでは、きっかけになるものを考慮して、症状を抑制するなども対処法の一つです。
 自分の痛みの発生原因を知るには、少し期間を設けて、詳細な状況、状態などを日付毎に一覧にする事で、わかり易くなります。
特には、目の奥に痛みの症状が出た時の環境、摂取した食物などは、重要なポイントになるといえます。
食生活においては、原因として、チョコレートやワイン、チーズなどの乳製品を摂取するなども可能性として挙げられます。
 また、人によっては、仕事、人間関係などで、ストレスを強く感じた時に、一気に症状が強く発生するケースもあります。
ストレスは、他にも、混雑した人ごみの中で発生したり、騒音や強い光などでもきっかけになる事例が見られます。
 片頭痛は、女性での発症が多い特徴もあります。
ホルモンバランスの変化などが影響している可能性もあります。
女性は、生理や出産、閉経などでホルモンのバランスが崩れる時期などもあります。
 片頭痛で目の奥に痛みが発生する症状は、きっかけや原因を掴めれば、それらを回避する事で、発生を抑制する事に繋がります。
最近では、頭痛外来など、専門科もできていますので、利用すると改善方法が見つかる可能性も高くなります。

スポンサーリンク