片頭痛 食べ物 効く

片頭痛を悪くする食べ物と片頭痛に効く食べ物について

スポンサーリンク

片頭痛の原因は多種多様です。
ストレスが絡むこともありますし、ホルモンバランスが原因で起こることもあります。
それ以外にも、人によっては天候や気温によって痛みが始まることもありますし、アルコールや食べ物が、原因となることもあります。
食べ物が原因とはちょっと意外ですが、片頭痛は脳の血管が拡張することで起こると考えられていますので、血管を拡張させるような物を頻繁に食べるのは、あまりよくありません。
たとえばどのような食べ物かといいますと、まずポリフェノールを含む赤ワインやチョコレートなどです。
それからチラミンを含むチーズもよくありません。
このチラミンは、赤ワインとチョコレートにも含まれていますので、片頭痛気味の人は、赤ワインとチョコレートはほどほどにしておきましょう。
その他には、ハムやソーセージ、サラミなどの発色を助ける亜硝酸ナトリウム、うま味調味料に入っているグルタミン酸ナトリウム、ダイエット食品に入っているアスパラギン酸なども、片頭痛にはよくないことがありますので、まず食生活を見直すようにすることをお勧めします。

スポンサーリンク

その一方で、片頭痛に効く食べ物というのもあります。
例を挙げると、マグネシウムを含むナッツ類や海藻、ビタミンB2を含むほうれん草や納豆、ビタミンEを含むごまなどです。
また乳製品やビタミンCを含む野菜や果物、オメガ3脂肪酸を含むイワシ、またはサーモンなども効くとされています。
特に乳製品のヨーグルトにはビタミンB2も含まれており、またナッツにはビタミンEも豊富ですのでお勧めです。
それから片頭痛の痛みを和らげるものとして、カフェインを含む飲み物があります。
血管の拡張を抑える働きがあるため、痛み出した直後にコーヒーなどを適量飲むのはお勧めです。
ただし、痛みがひどくなってから飲むのは避けてください。
またあまり多くの量を飲んでいると、利尿作用があるため水分不足になり、逆効果となります。
また、片頭痛によくないとされる食べ物も、少量であればリラックス効果がありますし、効くとされている食べ物も、食べ過ぎたり偏ったりしてはかえってよくありません。
また個人差もありますし、体調によっても違いますので、その時々で判断するようにしましょう。

スポンサーリンク