片頭痛 動悸 症状 原因

片頭痛や動悸などの症状の原因はストレスかもしれない

スポンサーリンク

人間の身体は異常が起こると様々な方法でSOSサインを出しますので、身体からのSOSサインに一刻も早く気付き対策をとることが何よりも重要になってきます。
そのためには日頃からのセルフチェックはもちろんのこと、定期的な健康診断を受けることがポイントとなります。
身体からのSOSサインがあらわれた場合には、症状によって専門のクリニックでの検査を受けることになります。
検査で異常が見つかればそのまま治療を行うことになりますが、検査を受けても異常がないと診断されることもあります。
その場合は他の病気の可能性も考えて様々な検査を受けることになりますが、それでも異常がないと診断されることもあります。
この場合は自律神経失調症や鬱病などの可能性が高くなります。
自律神経失調症や鬱病は過度な精神的や肉体的ストレスが慢性的に蓄積してしまうことが原因となって発症する病気で、ストレス社会と言われている現在では誰でも罹る可能性のある決して珍しい病気ではありません。
それではこの自律神経失調症と鬱病について症状や治療法などについて説明していきます。

スポンサーリンク

自律神経失調症と鬱病は発症原因だけでなく症状も非常に酷似しています。
具体的には片頭痛や動悸、手の震え、めまい、不眠、過眠、胃痛、食欲不振、便秘、下痢、手足の冷え、手足の痺れ、関節の痛み、肩や首のコリ、無気力、イライラなどの症状があらわれます。
これらの症状はほんの一例でその他にも様々な症状があらわれますが、特に片頭痛や動悸、胃痛、食欲不振などの症状があらわれやすい傾向にあります。
身体に不調があるにも関わらず病院で異常がないと言われた場合、心療内科や精神科などを受診することになります。
心療内科や精神科などでは問診をはじめいくつかの検査を行い、症状に合った方法で治療を行いますが、基本的にはカウンセリングと薬物療法によって治療を行います。
その他に片頭痛が酷い場合は脳神経外科、動悸が酷い場合は循環器科など他の診療科と並行して治療を行うこともあります。
そして食生活や生活習慣の乱れなども自律神経失調症や鬱病の原因になりますので、生活習慣の見直しも必要です。
自律神経失調症や鬱病は他の病気と同じで早期治療が行えれば早期回復できる病気ですので、早めの対策が何よりも大切です。

スポンサーリンク