偏頭痛 症状 対処法 目の奥 原因

偏頭痛による目の奥が痛む症状の原因と対処法について

スポンサーリンク

偏頭痛は、頭痛の中でも慢性頭痛といわれるカテゴリに含まれており、その症状も本当に人それぞれで、数え切れないほどあります。
原因が未だ解明されていない種類の頭痛もありますが、目の奥が痛くなる症状が出る頭痛は少し特徴的で、偏頭痛と同じ慢性頭痛の中の、群発頭痛という種類の頭痛によく見られる症状です。
群発頭痛というのは、偏頭痛のように、じわじわと痛い状態が長時間連続で続くものではなく、ある一定の期間、毎日同じ時間に強烈な痛みに襲われるタイプの頭痛です。
はっきりとした原因は、解明されておりません。
ですが、過度なストレスが原因と、一部ではささやかれており、職場でストレスを抱えながら働いている人が多いのか、20代の男性に多く発症するという特徴があります。
目の奥を剣山で何度も強く刺され、自然と涙が出てきてしまうような最大級の痛みに襲われるので、その痛みが次にいつ来るのか怖くなり、その恐怖心から、不眠症も同時に患ってしまうパターンも多いので、一度発症してしまうとうまく付き合っていくのが難しい頭痛と言われています。

スポンサーリンク

群発頭痛の対処法としては、やはり発作が起きた時の鎮痛剤を服用することが1番効果的だとされています。
また、ある一定期間続く特性をもつことから、前もって予防薬を用いることによって、発作を防ぐ、もしくは軽度で済むようにする対処法も取られています。
予防薬の種類には、錠剤タイプや点鼻薬、注射を使って取り入れるものなど、発作のレベルに合わせて病院で提案されることが多いです。
目の奥が痛くなっても、目はつむれるものの、発作中は痛くて眠ることは難しいので、やはりそこはこめかみを保冷剤などで冷やしたり、冷たいアイマスクなどを使って、外側から痛みを和らげることが対処法となります。
あとは最近では、100%酸素を吸入することが有効的だと解明されています。
ですが、市販の酸素ボンベなどではあまり効力を出さないので、頭痛外来などの専医に相談することが好ましいです。
また、鍼灸の分野でも群発頭痛に効果的な治療があるとされ、実際に通い続けることで改善されたという方はたくさんいらっしゃいます。
ですが、効果には個人差があるので、自分に合っている対処法を見つけていただけたらと思います。

スポンサーリンク