片頭痛 続く 原因

片頭痛が続く原因と対応策

スポンサーリンク

現代人のほとんどが悩まされている片頭痛ですが、片頭痛とは頭の片側、または両側がズキズキ、ガンガンと痛みを伴う頭痛の事です。
頭痛は私たちの生活の質を下げてしまう可能性があるものですから、なりたくはないですね。
頭痛とは病気なのでしょうか。
読んで字のごとく頭が痛くなることです。
一つには頭痛となる原因を引き起こしている病気をしていないのに頭痛が起こる場合。
もう一つは、風邪による熱が頭痛を発生させる原因だったり、脳の病気による頭痛など病気が原因となって起こる場合です。
その他、顔面痛や神経痛による頭痛の原因がありますが、これらは痛みの原因を取り除けば解消されます。
しかし、片頭痛は病気などが起因して引き起こる頭痛ではないほうに該当します。
その為頭痛そのものを治療するとなるので、長い時間続く事になる厄介な頭痛です。
片頭痛は、月に1,2回又は週に1,2回と頻度は人によってバラバラに続くものではあります。
痛みの程度も人によってバラバラで、仕事などに支障をきたすことや、寝込んでしまうこともあります。
では、この続く片頭痛の原因はなんなのでしょうか。
またそうなった場合の治し方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

まず、片頭痛の原因ですが、脳内の血管が何らかの原因で拡張していまい片頭痛が起こると言われています。
また、脳の血管を拡張すると、その周囲を取り巻いている脳神経の中で一番大きな神経の三叉神経が圧迫されて刺激を受けます。
刺激を受けたことにより痛みを引き起こす炎症物質が分泌されて血管の周りに炎症を起こします。
この炎症が神経を刺激して痛みを感じるとも言われています。
では、頭痛が起こってしまった場合の対処方法はどうすれば良いのでしょうか。
対処方法は5つあります。
まず一つ目ですが、一番手っ取り早いのが薬で痛みを抑えることです。
最近は片頭痛も現代病と認知されてきているので、薬の種類も豊富になっておりますが、薬剤師の方に聞いたうえで処方してもらうのが良いです。
また、頭痛が起こる前に薬を飲む方もいますが、それが元で薬物乱用頭痛になり悪循環を招いてしまう可能性があります。
二つ目に冷やすことです。
前述したようにこの頭痛は脳の血管が拡張して起こるものですので、血管を冷やすことによって拡張を和らげ痛みを和らげます。
三つ目はカフェインを摂取することです。
カフェインには血管を収縮させる効果がありますが、とりすぎると逆に頭痛にもなりますので過度な摂取は控えましょう。
現代では、頭痛は認知されていますが対処法を間違えると余計に大変になることを肝に命じておいてください。

スポンサーリンク