ピル 片頭痛持ち 使用 禁止

片頭痛持ちはピルの使用は禁止か

スポンサーリンク

片頭痛は男女関係なくかかる病気です。
ただ、比率としては圧倒的に女性の方が発症率が高いといいます。
とくに20代から40代の女性の患者が多いといわれており、妊娠可能な年齢と同時期のため、問題が少なくありません。
具体的には、片頭痛の内容によってピルの使用が禁止される人もいるからです。
片頭痛持ちの中でも、前兆を持つ人の場合は服用することで脳梗塞にかかる可能性が十倍以上高まるといいます。
そのため、自分が前兆のあるタイプか、ないタイプか確認してください。
片頭痛持ちの3割程度の人に、前兆があるといいます。
そのため、もし前兆のあるタイプならば産婦人科医やかかりつけの医師に相談してください。
状況によっては片頭痛の原因をたどり、治療を行うことが最優先となる場合もあるからです。
生活習慣の見直しやストレスの解消によって、片頭痛の緩和につながるといわれています。
そのため、妊娠をするために整理習慣を正常なものにするなどの理由でピルを飲むことを希望する場合、問題解決のために医師に相談して定期的な治療を受けてください。

スポンサーリンク

片頭痛持ちの前兆して有名なのは閃輝暗点です。
見ているものの中に白っぽい稲妻の形をした光が現れ、次第に大きくなっていきます。
その後片頭痛になるといわれていますが、それ以外にも前兆は多数あります。
視野が狭くなる、視野がぼやけるなども多数ありますし、めまいを感じる人も珍しくありません。
一般的にピルは片頭痛を誘発するホルモンバランスの調節を行うため、片頭痛持ちは使用禁止といわれています。
ただし、前兆を持つ人のタイプのみに限定されているので、前兆がない人は問題ありません。
使用禁止の理由は片頭痛の時間が普段よりも長くなってしまうことや、脳卒中や脳梗塞など脳に関する病気へのリスクが高くなってしまうからです。
また、前兆のある人だけでなく、前兆がなくても喫煙者や高血圧、糖尿病の人を患っている人は使用禁止です。
理由としては前兆がない人でもこれらの病気を患っていると病気になりやすいといわれています。
病気の治療を行って完治してから医師に相談してください。
脳への負担を避けるために、無理な使用をしないことが安全といわれています。

スポンサーリンク