片頭痛 ロキソニン 効かない

片頭痛にロキソニンが効かないのはなぜでしょうか

スポンサーリンク

片頭痛の人の中には、痛みを防ごうと、先手先手で薬を飲む人もいます。
特にロキソニンなどの、市販の鎮痛薬に頼る人も多いでしょう。
しかし残念ながら、片頭痛の場合は、ロキソニンを飲んでもあまり効かないのです。
それはなぜでしょうか。
実は片頭痛の原因は、脳の血管の拡張によって、三叉神経が圧迫されて起こるのですが、ロキソニンにあるのは鎮痛作用であって、脳の血管を拡張を抑える作用ではありません。
ですから飲んでも効かないわけです。
また、薬をあまり予防的に飲むのも、実はお勧めできません。
薬を月10日以上飲む人の場合は、それによってかえって痛みを感じやすくなってしまい、さらに頭痛がするという悪循環に陥ることがあるからです。
これを薬物乱用頭痛といいます。
特に薬を常用していて、薬が全く効かないようになってしまったとか、別の部位が痛み出したというような場合、また朝から頭痛に悩まされるというような場合は要注意です。
こういう症状がある時は、まず薬物乱用頭痛であることが多いので、頭痛外来などを受診して、まず原因となっている薬を飲むのをやめるようにしましょう。

スポンサーリンク

ロキソニンが効果があるのは片頭痛ではなく、緊張型頭痛といって、肩や首の凝りが原因で、血管が収縮するタイプの方の頭痛です。
それでは、片頭痛にはどのような薬が効くのでしょうか。
それはトリプタン系の薬です。
この薬には拡張した血管を収縮させ、三叉神経の圧迫によって生じた炎症を鎮める働きがあります。
これは病院での処方薬になりますので、片頭痛を根本的に治したいと考えている場合には、やはり病院に行くのがお勧めです。
また片頭痛の人は、ストレスもさることながら、睡眠不足や寝すぎ、お酒、天候や気温の変化、人混みなどでも頭痛が起きることがあります。
それからチョコレートやチーズなどが原因になることもありますし、女性の場合は生理の前にも頭痛がすることがあります。
ですから、こういう環境の変化や睡眠時間、食物などにも気をつける必要があります。
そして、ストレスを軽減するための運動や生活改善をするようにしましょう。
またそれとは逆に、お茶とかコーヒーなど、カフェインを含む飲み物は血管縮小作用がありますので、一日適量を摂るようにするのがお勧めです。

スポンサーリンク